きな粉とのはじまり

これから、きな粉と共に自分がどこまで楽しくなれるか、実験がはじまる。

本サイト冒頭にも書いたが、私はきな粉コレクターである。今日現在で幾つのきな粉を所持しているか、正確に把握はしていないが、おそらく300近くはあるはずだ。

一番アクティブに集めていたのは、2005年あたりから、約3年間くらいだ。一旦、その世界からは足を洗った。

ほんの一部



なぜ、きな粉を集めたのか。今回はその点を紹介するとする。

 

なぜきな粉を集めたのか


きな粉を集めることになったきっかけは、当時、気づかないうちに自分がひどく痩せてしまったことからだった。身近にいる人にも指摘されず、体重計にのる習慣もなく、気づくチャンスがなかった。原因は、よくある「ストレス」だったんだろう。いくつか思い当たる要素はあったが、身体に影響していると気づかなかった。

162cmで、40kgを切っていた。ここまでくると、色気のない数字だ。

ここで直感的に、きな粉だ と思った。健康的にお金をかけず太りたかった。きな粉に関してのある程度の知識はあった。「大豆だ」ということと、「煎って粉にしている」ということだ。そしてタンパク源。ジャンクフードや甘いもの、脂っこいもので太りたくなかった。

きな粉でいこう、とはじめはきな粉牛乳にして飲んだ。牛乳に、きな粉を溶かして飲むという、そこそこポピュラーな飲み物。どこのメーカーのきな粉だったのか、覚えてはいない。

一袋おわり、別のきな粉できな粉牛乳を作ろうと思った。何の気なしに。そしてそのきな粉牛乳を飲んだ時に、

味が違う

と思った。これは衝撃だった。それまで誰も教えてくれなかった。いや、誰も知らなかったのかもしれない。

この事実を記録しないでいいのだろうか?

 

きな粉帳を作る


きな粉の味の違いを記録する必要性を感じた私は、とにかくなんでも良いからと、近所のファミリーマートでメモ帳を買った。この事実を書き留めなければ。

きな粉帳、とマジックでタイトルを書いた。

うっすらと、きな粉帳
感想はだいぶ主観的

 

私のきな粉との冒険はその時始まってしまっていたのだ。人生は、どこで何が始まるかはわからないのである。

関連記事

  1. 夏にきな粉大量消費!夏のレシピトップ3

  2. 私のきな粉帳

  3. 新感覚ドリンク:クズクズシェイク

  4. きききな粉をやってみよう

  5. 餅に最適な、きな粉:砂糖:塩 のバランス

  6. きな粉工場に行けることになった

  7. きな粉牛乳に最適なきな粉の割合

  8. きな粉とダイエットに関する雑感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。