きな粉はどこでどれくらい手にはいるのか

きな粉はどこでどれくらい売っているのか。

みなさん、お考えになったことはあるだろうか。

きな粉が持つ味や風味、溶け方の違いを発見し、約20袋くらい比較し終えたくらいの段階で、私はもっと集めたくなった。

欲求は加速する。

 

一体どれくらいのきな粉が世の中にはあるのだろうか?


20袋集めたあたりで、ある程度どこでどれくらい購入できるのかの傾向は見いだしていた。

例えば、ある大型チェーンスーパー□□□には●●というメーカーのきな粉が取引されていて、どこの駅の□□□スーパーに行ってもそれはある、とか、そのスーパーには3つくらいのメーカーがそれぞれのきな粉を置いているとかだ。

売り場は、「乾物コーナー」である場合と「粉類コーナー」である場合の2パターンである。

日本には、大型チェーンスーパー以外にも、地域密着型のスーパーや小売店はたくさんある。スーパーが世の中にどれくらいの数があるがあるかわからなかった。しかし、スーパーの数ほどあるかもしれない。これは見てみなければならない、と私は思っていた。

きな粉集めにハマり出した2005年あたりは、スマートフォンが世の中に普及され出したタイミングだった。私はスマートフォンを持っていなかったので、スーパーを見つけるためにとにかく闇雲に歩いた。

私は東京在住なのだが、土日は、「東京メトロ一日乗車」や、「都営地下鉄ワンデーパス」を買い、全ての駅に降りては、商店街や周辺をうろうろし、きな粉だけを買って帰ってきた。もちろん例のきな粉帳を持ち歩き、きな粉帳の情報と目の前のきな粉を常に照らし合わせ、所有歴がないものを購入した。

大体一度の買い物で、2万円以上は使った。もちろん全てきな粉に使った。大体一袋あたり平均して200円ほどだとすると、20,000円÷200=100種類のきな粉を仕入れたことになる。ちなみに、金額は一袋98円から700円くらいまで、様々だ。内容量は大体100g〜200gが主流だ。100g×100袋=10Kg分購入。骨は折れる。

大体100gか200g

家に帰ると、まずきな粉のテイスティングに入る。きな粉帳に、商品名、内容量、税抜き価格、メーカー名、買った日付まで記載しておく。そこからは、その時どれくらいテイスティングしたいかの気分で、袋をかたっぱしからあけ、スプーンですくって食べ、味わう。

この辺の、テイスティングに関してはまた別の記事にて紹介することにする。

きな粉はどこで買えるのか


さて、「きな粉はどこで買えるのか」の答えとしては、主にスーパーや食料品店であることは間違いない。コンビニにも必ず1種類はあり、健康食料品であれば2種類以上ある場合が多い。

そして2020年の今年、各スーパーのきな粉売り場は、15年前よりも明らかに拡大していると見ている。中型以上の規模のスーパーであれば、1スーパーにつき2種類以上は必ずといっていいほど置いてある。

もしあなたが、たくさんの種類を一度に買って試してみたいとか、利ききな粉をしたい、という場合は地方の物産展が穴場でおすすめである。デパ地下も良い。特に銀座や新宿のデパートが密集したエリアでは、かなりの種類のきな粉が買える。新宿だけで20種類はあった記憶がある。

 

あなたのよく行くスーパーには何種類置いてあるだろうか?2種類以上あれば、ぜひ食べ比べてみていただきたい。

 

関連記事

  1. きききな粉をやってみよう

  2. きな粉とのはじまり

  3. きな粉工場に行けることになった

  4. 新感覚ドリンク:クズクズシェイク

  5. 餅に最適な、きな粉:砂糖:塩 のバランス

  6. きな粉牛乳に最適なきな粉の割合

  7. 私のきな粉帳

  8. 夏にきな粉大量消費!夏のレシピトップ3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。